医療保険のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

現在の医療に合わせた医療保険を考える

FP福耳先生の家計見直し

(2013年 冬号 掲載)

病院のシステムと
医療保険の保障内容

医療保険というと、日本では「入院1日○○円」というものが主流です。ただこの医療保険は、保険会社の給付金の支払い率が下がっています。なぜそういった状況になったかというと、入院が短期化しているからです。

入院の短期化の大きな理由としては2点あります。1つは国の医療費抑制の施策のためです。診療報酬の制度が、長期入院になると点数が低くなる仕組みになっているため、病院側からすれば、長期間入院させずに退院させるほうが医療費の負担が少ない状況になっています。

2つめは医療技術の進歩です。 早期発見できる技術(早期発見できれば、治療も軽く済ませることができる)、体の負担が少ない手術や治療の技術(体の負担が小さいため回復が早い)などが、入院期間の短期化につながっています。

時代にあった
保障内容を見極める

この「入院1日○○円」という医療保険は、入院期間が長くなると給付金も多くなる仕組みになるので、逆に入院が短期化している今日は、そこまで給付金はもらえないということになります。現在の病院のシステムや医学の進歩を考えると、「入院1日○○円」の医療保険は合っていないかもしれません。

逆に、今の傾向は大病(がんや成人病系)を中心に「入院の有無や長短によらず、まとまった資金が出る」もしくは「入院の有無や長短によらず、毎年お金が受け取れる」というタイプのものがあります。入院の有無や入院期間に関わらず、お金が受け取れるのはうれしいですよね。

入院の有無や長短によらないものであれば、たとえば、最近のがん治療のように、「入院1週間、その後通院での抗がん剤治療5年間」のような入院自体よりも退院後に多くのお金がかかってしまうような場合でも加入されたママ・パパにとっては役に立つ保険になります。

保険も時代に合わせて進化していますので、自分の保険も時代遅れにならないように、その時代の制度や傾向にあった見直しをしていきましょう!

 

福耳先生

FP(ファイナンシャル・プランナー)。2級ファイナンシャル技能士(国家資格)。日本国内だけではなく香港・スイスの金融事情にも通じる国際派FP。「あなたが人生・いのちの主人公、お金は使うためのもの」がモットー。やさしい言葉でお金の本質を伝えます!

福耳先生

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

FP福耳先生の家計見直し 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

収納どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.