ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
教えて!ドクター とは
専門医や開業医など頼れるドクターが、子育て応援情報誌「Happy-Note」に特別寄稿してくださったコラムを、随時ご紹介しています。子どもの病気、予防接種、ママの病気・健康に関する、わかりやすくて役立つメッセージ。バックナンバーも一挙公開!

教えてドクター 記事一覧

子どもの病気 > 感染症
赤ちゃんの発熱-突発性発疹について
「突発性発疹」という病名を聞いたことがありますか。じつはこれ、赤ちゃんが初めてかかる「かぜ」ともいえる病気です。赤ちゃんの発熱-突発性発疹について小児科医:山本浩介先生がわかりやすく解説しています。
山本浩介 山本浩介先生
子どもの病気 > 感染症
赤ちゃんに注意! RSウイルス感染症
RSウイルス感染症で特に注意しなければならないのは、この細気管支炎症状が早産児、先天性心疾患・慢性肺疾患・免疫不全といった基礎疾患を有する赤ちゃん、さらに高齢者において重症化しやすいということで、人工呼吸器の使用など集中治療が必要となることも少なくありません。RSウィルス感染症について小児科医:永井和重先生がわかりやすく解説しています。
永井和重 永井和重先生
ママの病気・健康 > こころ・疲れ
疲れ目は温めてすっきり!
最近は、子育てママにも疲れ目など眼の不調を訴える人が増えています。眼を温めることにより、ピント調節に関わる毛様体筋のコリをほぐす効果も。さらに目まわりのスキンケア、血行障害によるクマを防ぐ効果も期待できます。疲れ目について眼科医・アンチエイジング専門医:高橋洋子先生がわかりやすく解説しています。
高橋洋子 高橋洋子先生
子どもの病気 > 歯
むし歯のない健康な歯を育てるために
平均的には、3歳児で約50%、5歳児になると80%以上のお子さんにむし歯ができてしまいます。むし歯予防で一番大切なことは、食べ物にあります。野菜好きのお子さんには、まずむし歯はできません。むし歯のない健康な歯を育てるためについて歯科医:味元(みもと)議生(よしたか)先生がわかりやすく解説しています。
味元(みもと)議生(よしたか) 味元(みもと)議生(よしたか)先生
予防接種 > おたふく
おたふくかぜ(ムンプス・流行性耳下腺炎)
おたふくかぜはムンプスウィルスの飛沫感染でうつる病気です。ワクチン打っておたふくかぜ撲滅!!おたふくかぜについて小児科医:三輪操子先生がわかりやすく解説しています。
三輪操子 三輪操子先生
子どもの病気 > 皮ふ・スキンケア
乳児しっしんってどんな病気?
乳児検診などで「乳児しっしん」と言われる場合がありますが、実は「乳児脂漏性湿疹」のことを言っている場合が多いようです。乳児しっしんと同じ時期によく見られるのが「おむつかぶれ」です。乳児しっしんについて日本小児科学会専門医:佐守友仁(ともじ)先生がわかりやすく解説しています。
佐守友仁(ともじ) 佐守友仁(ともじ)先生
子どもの病気 > 感染症
夏風邪~手足口病
夏風邪とは正式な病名ではありません。夏に感染するウイルスが引き起こす病気の総称と思っていただいた方が良いかと思います。休養や睡眠に心がけ、水分補給することが夏風邪の対策としては大切となります。夏風邪~手足口病について小児科専門医:羽根靖之先生がわかりやすく解説しています。
羽根靖之 羽根靖之先生
子どもの病気 > 耳鼻咽喉
中耳炎ってどんな病気?
鼻・のどの炎症が耳管を介して鼓室内(中耳)に及んだ状態を中耳炎といいます。子どもは大人に比べて耳管が太く短いので、鼻・のどの炎症が容易に中耳に行くのです。中耳炎の症状、治療、予防について耳鼻咽喉科医:柴田修宏先生がわかりやすく解説しています。
柴田修宏 柴田修宏先生
子どもの病気 > 発達障がい
(軽度)発達障害
小児の発達・神経を専門とする外来には、運動発達は気にしていないけれど、「言葉が遅い」「かんしゃく」「落ち着きがない」など心配だと受診されることが、増えている印象があります。(軽度)発達障害について小児科医:宮島祐(たすく)先生がわかりやすく解説しています。
宮島祐(たすく) 宮島祐(たすく)先生
子どもの病気 > アレルギー
アレルギーとは何か?を考える
アレルギーの子どもが出す症状に注意した生活をしていると、悪いものから遠ざかり、体によいものだけを取り入れることになり、結果的にアレルギーがない人まで健康になれます。究極的には、カゼなどの急性疾患やガンなどの生活習慣病の予防につながるのです。アレルギーとは何か?について小児科・アレルギー科医:山手智夫先生がわかりやすく解説しています。
山手智夫 山手智夫先生
予防接種 > ヒブ・肺炎球菌
新しく始まるHibワクチンを接種しましょう
Hib(ヘモフィルスインフルエンザb型菌)について、日本小児科学会専門医神谷齊(ひとし)先生が、わかりやすく解説しています。
神谷齊(ひとし) 神谷齊(ひとし)先生
子どもの病気 > 発達障がい
子どもにテレビは必要か?
子どもにテレビやビデオがすべて悪いとは思いません。時には良いですし、役に立つこともあります。でも気になること、それは親子のかかわり方です。子どもにテレビは必要か?について小児科医:武居(たけすえ)正郎先生がわかりやすく解説しています。
武居(たけすえ)正郎 武居(たけすえ)正郎先生
ママの病気・健康 > おっぱい
食育 育てる原点は「日々の食生活」
「食育」の意味は、望ましい食生活を過ごせる能力を身につけさせることです。健全な心身をつちかい豊かな人間性を育むことができるためには食事が重要と「食育基本法」も施行されています。食育について日本小児科学会専門医:服部益治先生がわかりやすく解説しています。
服部益治 服部益治先生 医療福祉センターさくら
ママの病気・健康 > 妊娠・マタニティ
すべては赤ちゃんのために~マタニティビクス~
30年程前まで、流産や早産は運動や乗り物の振動によるものと考えられていました。従って妊娠すると安静を基本とする生活指導が行われました。その結果肥満妊婦が激増し妊娠中毒症(妊娠性高血圧症)や難産が多発しました。これを防ぐには妊婦にも適度な運動負荷が必要という信念を持ち、1981年マタニティビクスを考案しました。マタニティビクスについて日本マタニティビクス協会会長:田中康弘先生がわかりやすく解説しています。
田中康弘 田中康弘先生
子どもの病気 > 発熱、かぜ
風邪の初期 発熱、嘔吐・下痢のホームケア
私たち小児科医が夜間急病センターに出務していて、一番多い訴えが「発熱、嘔吐・下痢」です。急病時の家庭での対処の仕方や受診する目安について日本アレルギー学会専門医:佐守友仁(ともじ)先生がわかりやすく解説しています。
佐守友仁(ともじ) 佐守友仁(ともじ)先生
子どもの病気 > 感染症
「川崎病」って公害の病気?
川崎病は主に4歳以下の子どもに生じる病気で皮膚症状を伴う発熱する病気です。現在の研究結果から他の患者さんにうつしたりすることはないですが、流行する様なことがあると考えられております。川崎病について外来小児科・小児循環器・漢方治療医:豊川達記先生がわかりやすく解説しています。
豊川達記 豊川達記先生
ママの病気・健康 > 禁煙
さわやか禁煙プレゼント
大人のタバコは、子どもの受動喫煙被害を引き起こし、気管支喘息・気管支炎・中耳炎・歯肉着色・アトピー性皮膚炎などの発症や増悪の原因となります。また乳幼児突然死症候群のリスクも上昇します。禁煙とタバコの子どもへの害についてNPO法人日本禁煙学会理事:薗潤先生がわかりやすく解説しています。
薗潤 薗潤先生
ママの病気・健康 > 歯
妊娠中のむし歯治療
妊娠中に歯のトラブルが起きたら、まずは歯医者さんに「妊娠している」ことを伝え、どうするかよく相談しましょう。妊娠中の治療は最小限の応急処置にとどめます。妊娠中のむし歯治療について小児歯科・矯正歯科医:島田昌也先生がわかりやすく解説しています。
島田昌也 島田昌也先生
子どもの病気 > 夜泣き・夜尿症
赤ちゃんの夜泣きの対処法
子どもの夜泣きは、いずれはなくなるものですが早く夜泣きから開放され親子とも快適な生活を取り戻しましょう。赤ちゃんの夜泣きの対処法について荻原医院院長:荻原正明先生がわかりやすく解説しています。
荻原正明 荻原正明先生
子どもの病気 > アレルギー
ゼイゼイ、ヒューヒュー これって「ぜんそく」?
うちの子は風邪をひくとゼイゼイ、ヒューヒューするな?とか、何度も気管支炎を繰り返しているなあ、とお悩みのお母さんは一度専門機関に相談してみてください。子ども達のぜんそくは大人と違い適切な治療をすることによって治癒する可能性の高い病気です。小さい子ども達のぜんそくに特徴的な症状、対処について呼吸器・アレルギー疾患専門医:岡田邦之先生がわかりやすく解説しています。
岡田邦之 岡田邦之先生
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

年齢と食べるものの変化に合わせてフッ素入り・むし歯予防歯みがきを使おう
年齢と食べるものの変化に合わせてフッ素入り・むし歯予防歯みがきを使おう
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
様々な住まいの機能をアプリで一括管理 AIスマートホームだから実現できるゆとりある暮らし
様々な住まいの機能をアプリで一括管理 AIスマートホームだから実現できるゆとりある暮らし
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
歯とほぼ同じ成分※
歯とほぼ同じ成分※"薬用ハイドロキシアパタイト"で お子さまのむし歯を防ぐ習慣を
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
上⼿なエアコン使いで熱中症&熱帯夜対策
上⼿なエアコン使いで熱中症&熱帯夜対策
上手に鼻をかめない、鼻水が止まらず辛そう...。そんなお子さまには電動鼻水吸引器「スルルーノ」でスッキリ
上手に鼻をかめない、鼻水が止まらず辛そう...。そんなお子さまには電動鼻水吸引器「スルルーノ」でスッキリ
コールマンのテントでファミリーキャンプデビュー!大自然の中で、家族の思い出を増やそう。
コールマンのテントでファミリーキャンプデビュー!大自然の中で、家族の思い出を増やそう。

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

カラダにいいことしてますか?(運動編)
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.