ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
教えて!ドクター とは
専門医や開業医など頼れるドクターが、子育て応援情報誌「Happy-Note」に特別寄稿してくださったコラムを、随時ご紹介しています。子どもの病気、予防接種、ママの病気・健康に関する、わかりやすくて役立つメッセージ。バックナンバーも一挙公開!

教えてドクター 記事一覧

ママの病気・健康 > 性感染症
子宮頸がんは検診とワクチンで予防できる
子宮頸がんという病気をご存じでしょうか。日本においては20代、30代の若年女性の子宮頸がん発生数、死亡数の増加がみられます。その理由は、この世代の女性の子宮頸がん検診受診率の低さにあります。子宮頸がんは検診とワクチンで予防できるについて産婦人科医:今野(こんの)良(りょう)先生がわかりやすく解説しています。
今野(こんの)良(りょう) 今野(こんの)良(りょう)先生
子どもの病気 > けいれん
子どもの けいれん(ひきつけ)
子どものけいれんの原因の多くは熱性けいれんで、日本人では5〜7%に見られます。熱性けいれん以外には、インフルエンザ脳炎・脳症があります。その他に、てんかん、泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)など子どもの約10%に、けいれんがみられます。ここでは、熱性けいれんと脳炎・脳症について紹介します。
荻原正明 荻原正明先生
子どもの病気 > 夜泣き・夜尿症
早起き・早寝はなぜ大切か?
最近私は夜ふかし朝寝坊で生活が不規則なお子さんほど、問題行動が多いことを見出しました。なぜ夜ふかし朝寝坊はよくないのでしょうか?早起き・早寝はなぜ大切か?について子どもの早起きをすすめる会発起人:神山(こうやま)潤先生がわかりやすく解説しています。
神山(こうやま)潤 神山(こうやま)潤先生
子どもの病気 > 皮ふ・スキンケア
赤ちゃんの肌とのつきあい方 ~指先センサーを活用しよう~
赤ちゃんの肌のトラブルの多くは、汚れか洗いすぎによるものです。つるつるすべすべ肌のための“3つの原則”と“具体的な洗い方”についてお話します。赤ちゃんの肌とのつきあい方についてあかちゃんとこどものクリニック院長:田中秀朋(しゅうほう)先生がわかりやすく解説しています。
田中秀朋(しゅうほう) 田中秀朋(しゅうほう)先生
予防接種 > 日本脳炎
新しい日本脳炎ワクチンができました
日本脳炎は、蚊によって媒介される日本脳炎ウイルスによって高熱、痙攣、意識障害などを起こす感染症です。日本脳炎にならないため、国は予防接種法で、日本脳炎ワクチンを受けるように定めています。新しい日本脳炎ワクチンについて日本感染症学会感染症認定医:松永貞一先生がわかりやすく解説しています。
松永貞一 松永貞一先生
子どもの病気 > 感染症
病気が治るということ ~病気の隔離する期間~
防ぐことのできる病気は、できるだけ防ぐ。これは、子ども自身のためでもありますが、子どもをとりまく社会全体のためでもあります。予防接種ができる年齢になれば、できるだけ早く接種しましょう。病気が治るということについて小児科医:西村龍夫先生がわかりやすく解説しています。
西村龍夫 西村龍夫先生
予防接種 > 日本脳炎
日本脳炎の謎
本脳炎には予防ワクチンがあります。また、蚊の多い時期にはできるだけ蚊に刺されないようにすることも、お子さまを守ってあげるために大切ですよ。日本脳炎の謎について日本ウイルス学会評議員:小西英二先生がわかりやすく解説しています。
小西英二 小西英二先生
子どもの病気 > 嘔吐・下痢
経口補水療法~自宅で点滴を飲む? 下痢・おう吐にまず1本~
下痢・おう吐での問題は、胃液や腸液に含まれている水分や塩分が失われる脱水症です。まずは自宅で経口補水を試しませんか!これが世界の流れです。経口補水療法について日本小児科学会専門医:服部益治先生がわかりやすく解説しています。
服部益治 服部益治先生
子どもの病気 > 歯
かわいい子どもの歯を守るには?
真珠のように白く輝くお子さまの歯、大事に守りたいですね。そして、いずれそろう大人の歯(永久歯)がむし歯にならないようにと願うパパとママへ、ぜひ知ってほしいハミガキのポイントについてお話します。子どもの歯を守る歯磨きのポイントについて日本矯正歯科学会認定医:岡本千春先生がわかりやすく解説しています。
岡本千春 岡本千春先生
子どもの病気 > おちんちん
おちんちんの話
赤ちゃんがお腹の中にいる時、精巣は陰嚢の中にあるわけではなく、お腹の中にあります。それが下降し、陰嚢内に固定されるのです。その過程が何らかの原因で障害され、陰嚢底部まで降りてないものを、停留精巣といいます。生まれたばかりの赤ちゃんは真性包茎です。年齢が上がるに従ってだんだんと少なくなりますので、無理にむく必要はありません。赤ちゃんのおちんちんの話を小児外科・小児泌尿生殖器外科医:山高篤行先生がわかりやすく解説しています。
山高篤行 山高篤行先生
子どもの病気 > アレルギー
回転食ってどんなものですか? 選択回転食の進め方と「こつ」
回転食とは、食物アレルギーの除去食療法の一つで、同一の食物を一定の間隔をおいて与える方法のことを言います。一般の健康な乳幼児にもこの考え方を利用して、なれない離乳食作りや、ふだん偏りがちな献立に苦しんでいるお母さんたちにもわかりやすいように解説したいと思います。選択回転食について日本小児科学会専門医:佐守友仁(ともじ)先生が解説。
佐守友仁(ともじ) 佐守友仁(ともじ)先生
子どもの病気 > 事故・ケガ
楽しいおでかけ ~でもその前に子どもの安全~
乳幼児のまわりは危険がいっぱいひそんでいることを知っておいてください。子どもと一緒に楽しいおでかけをしていただくために、「子どもの安全」の視点からお伝えしたいことがあります。おでかけ、子どもの安全について小児科・アレルギー科医:田草雄一先生がわかりやすく解説しています。
田草雄一 田草雄一先生
子どもの病気 > 夜泣き・夜尿症
幼児期のおねしょ-原因と対策
幼児期のおねしょは発達途上にあるので、治療の対象にはなりません。おねしょが学童期まで続く場合は、夜尿症となります。自然経過を見守ってもなかなか治らないことが多いので治療をうけるようにしましょう。幼児期のおねしょ-原因と対策について日本夜尿症学会常任理事:帆足(ほあし)英一先生がわかりやすく解説しています。
帆足(ほあし)英一 帆足(ほあし)英一先生
予防接種 > ヒブ・肺炎球菌
Hib(ヒブ)ワクチン あなたのお子さまを髄膜炎など重症ヒブ感染から守ってくれます
ヒブワクチンは、子どもたちにとって最も恐ろしい「細菌性髄膜炎」とノドの奥が腫れあがり窒息していのちに関わる「喉頭蓋炎」などから守ってくれる画期的なワクチンです。Hib(ヒブ)ワクチンについて小児科医:武内一(はじめ)先生がわかりやすく解説しています。
武内一(はじめ) 武内一(はじめ)先生
子どもの病気 > アレルギー
子どもの花粉症が増えています。
小学生でスギ花粉に感作している割合はおよそ40〜60%で、そのうち約30〜40%が発症していると考えています。子どもの花粉症について千葉大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学教授:岡本美孝(よしたか)先生がわかりやすく解説しています。
岡本美孝(よしたか) 岡本美孝(よしたか)先生
子どもの病気 > 嘔吐・下痢
ノロウイルス・ロタウイルス
子どもたちの急性胃腸炎の原因ウイルスとして代表的なノロウイルス、以前から何となく身近な感染症だった気がするロタウイルス、一体何がどう違うの?ノロウイルス・ロタウイルスの治療、予防について小児科医:高梨さやか先生がわかりやすく解説しています。
高梨さやか 高梨さやか先生
子どもの病気 > 目
子どもの視力の発達 6歳では遅すぎる目の健康チェック
3歳児健康診査での視力検査です。この年齢での健診が、視力発達阻害の異常を発見するのに最適です。子どもの視力の発達 6歳では遅すぎる目の健康チェックについて小児眼科医:湖崎(こざき)克(まさる)先生がわかりやすく解説しています。
湖崎(こざき)克(まさる) 湖崎(こざき)克(まさる)先生
子どもの病気 > 事故・ケガ
やけど・ケガの応急処置
冬になると暖房器具を使う機会が増え、やけども多くなります。ストーブも危険ですが、使いかけのアイロン、炊飯器の蒸気、みそ汁やお茶など、やけど の原因となりやすいものはたくさんありますので、まずは予防が第一です。やけど・ケガの応急処置について小児科医:横田俊一郎先生がわかりやすく解説しています。
横田俊一郎 横田俊一郎先生
子どもの病気 > 発熱、かぜ
風邪って何?
風邪という病気はありません。一般にはウイルスによる熱や咽喉の痛み、鼻水、咳などがあると風邪と言っていますが、実際には細菌が原因の事もあります。風邪を起こすウイルスと細菌、治療、予防について日本感染症学会感染症認定医:松永貞一先生がわかりやすく解説しています。
松永貞一 松永貞一先生
子どもの病気 > 事故・ケガ
小児救急 夜間や休日のお医者さんへのかかり方
かかりつけ医の先生が在宅当番になる日はいつなのか、夜間休日急患診療所はどこにあるのか、救急指定病院はどこなのか、常に調べて知っておくと安心です。小児救急 夜間や休日のお医者さんへのかかり方について大分こども病院院長:藤本保先生がわかりやすく解説しています。
藤本保 藤本保先生
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
日差しがたっぷり入る明るいリビングは冬でも裸足が心地よい 広すぎ収納+くるくる動線で子育てものびのびと
日差しがたっぷり入る明るいリビングは冬でも裸足が心地よい 広すぎ収納+くるくる動線で子育てものびのびと
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
はじめてのおむつの選び方講座
はじめてのおむつの選び方講座
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”風邪対策”どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.