ハッピー・ノート.com

☆ハッピーハロウィンに読みたい絵本☆/2014年10月

もうすぐハロウィンです♪

もうじきハロウィンですね。日本でも近年、よくパーティが開かれるようになりました。様々な仮装をして、「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ♪」と練り歩く子どもたち。可愛らしいです!

 

さてさて、ハロウィンとは一体どんな日なのでしょう。もともとは、ヨーロッパのケルト族に伝わるお祭りです。11月1日からは、冬の季節。その前の日の10月31日は、おひさまの季節の最後の日。この境になる10月31日の夜は、あの世とこの世の境が弱くなるとか・・・なので、自分たちもお化けになって、身を守ろう!ということなのだそうです。また、実りの多い季節ですので、収穫祭の意味もこめられているのだそうです。

 

今回は、ハロウィンに読みたい絵本をご紹介します!

ハロウィンドキドキおばけの日!

harowin.jpg

ハロウィンドキドキ おばけの日!

ますだゆうこ さく  

たちもとみちこ え

2008年

文溪堂

1400円+税

 

登場する、主人公のレイは、お化けや悪霊が大嫌いな男の子です。

ハロウィンに、お友だちがみんなお化けの格好をするなんて・・・考えただけで気絶しそう・・・

そんなレイは、やさしいお化けをつくろう!と決心します。

ママと一緒に、シーツを使って・・・

出来上がったお化けがとっても可愛かったので、そのままかぶって眠りにつくと・・・

驚くことに、誰かが現れたのです!

レイと、その「誰か」であるシェイクは、友だちになって、あることを画策します。

 

ハロウィンに欠かせない、ローソク立ての「ジャック・オーランタン」の作り方やその由来、そしてパーティでよく食べられているお料理の作り方など、ハロウィンに関する内容が盛りだくさんです。

また、面白いことに「ハロウィンの迷信とおまじない」や、「恋愛のおまじない」なども盛り込まれています。

レイとシェイクはどうなるのか・・・ハロウィンについて詳しく知ることができるのはもちろん、読み進めるうちに、いつの間にか色々と作りたくなること間違いなし!

まるごとハロウインを楽しめる、とっておきの一冊です☆

ハロウィンのランプ

ハロウィン.jpg

ハロウィンのランプ

小林ゆき子 さく・え

2008年

岩崎書店

1300円+税

 

さあ!今日はハロウィンです。

みんなでランプをつくりましょう。

 

そう教室で言われたジーナは、カボチャをくり抜いて一生懸命ランプをつくりました。

なにやら、おばけたちはランプの光が怖いらしいのです。

 

しかし出来上がってみると・・・仲良しのサリーのランプが「いちばんじょうず!いちばん怖そう!」とほめられています。

悔しくて、どうしてももっともっと怖いランプをつくりたくなったジーナは、意地を張ってとうとう一人になってしまいました。

 

ハロウィンの日は、街中でお祭り騒ぎです。

そんななか、出遅れてしまったジーナはひとりきり・・・

がっかりしていると、そこで思わぬ出会いがありました!

しかも、出会った彼女に誘われて、ジーナはあるハロウィンパーティに出かけることになったのです。

 

たくさんのおばけに、不思議な遊び。そして見たことのないお菓子まで・・・

ジーナはこの後とんでもないことにまきこまれていきます。

 

意地を張ってしまったジーナが迷い込んだそのパーティ、いったいどうなってしまうのか!

ハラハラドキドキしながら、ご覧ください☆

かぼちゃスープ

kabochajpg.jpg

かぼちゃスープ     

ヘレン・クーパーさく 

せなあいこやく

2002年

アスラン書房

1600円+税

 

<1999年ケイト・グリーナウェイ賞受賞(イギリス)>

 

☆ハロウィンといえば「かぼちゃ♪」 その香りを存分に楽しめる絵本です☆

 

表紙から、とっても良い香りのパンプキンスープ。

ねこもあひるもりすも、みんな夢中です。

 

森の中に、外にかぼちゃがゴロゴロ落ちている、ふしぎな家がありました。

のぞくと、 何やら陽気な動物たちが、ぐつぐつと料理をしています。

この料理は、世界一美味しいかぼちゃのスープ!

ねこやりすやあひるが、ひとりひとりの役割をきちんと守って、自信を持って作っているのです。

 

スープだけでなく、3人の素敵な演奏も・・・バグパイプにバンジョー。

そして素敵な歌声です。

この3匹、ケンカなんてしたことないんですから!

 

さてそんなある日のあさ、ぱっちりと目が覚めたあひるは、台所におもむろに向かいました。

そうして、思ったのです。

「今日は、ぼくがスープをかきまぜる!」

 

え、え、えーーー!!

 

今までちゃんと順番を守って、ケンカもせずにやってきた3人は、このあひるの一言でぎくしゃくしはじめたのです。

まさかこんなことになるなんて・・・

 

様々な「気持ち」が交錯するこの絵本は、美しいなめらかな絵はもちろん、動物たちの表情の変化が素晴らしい作品です。

はたして、大切な友だちとは、どうなってしまうのでしょうか。

 

この季節になると、かならず読みたくなる、美味しくて、可愛らしい絵本です☆

Information/お知らせ

IMG-2.jpg

☆今月のお知らせ☆ *前号10月1日号と同じです!

 

学研の幼児教室・ほっぺんくらぶより取材を受けまして、情報誌ほっぺんぺん10月号に見開き2ページにて絵本についてのおはなしをしています。

『絵本の世界』と題して

・読み聞かせについて

・絵本の選び方について

・疑問に思うこと、相談したいことQ&A

など、さまざまおはなしをしています。

ほっぺんくらぶにお通いのみなさん、ぜひご覧ください☆

Mama's profile/プロフィール

茂木 亜希子

茂木 亜希子 ー絵本ナビゲーター・保育士・司会ー

記事テーマ

親子で読みたい愛される絵本たち

何気なく手に取った絵本が、子どもの心をつかみ、大人の私たちの心をも揺さぶることがあります。読み語られる一冊一冊を通して、子どもが体験する世界は広がり、その体験をもとに想像力も豊かに育ってゆきます。昔から読み継がれてきた絵本、ユニークで不思議な絵本、心に響くあたたかい絵本、今読みたい旬の絵本など、愛される絵本を様々ご紹介していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/茂木 亜希子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ