ハッピー・ノート.com

行楽のシーズン!お弁当持ってどこにいく?/2014年9月

涼しい秋の季節に突入です!

残暑もだいぶ落ち着き、秋めいてきました。虫の声も優しく響き、賑やかな演奏会はまた来年・・・♪学校や園もスタートしてしばらく経ち、そろそろ遠足の季節になりました。そう、秋は行楽のシーズンです! 今回はお弁当を持って、仲良くみんなで出かけましょう☆

おべんとうばこのうた

61tBk0RNOpL._SL160_.jpg

おべんとうばこのうた

さいとうしのぶ構成・絵

2013年

ひさかたチャイルド

900円+税

 

昨年出版された、わりと新しい絵本です。が、中身はなんとだれもが知っている、あの歌が主役なのです!

 

空のおべんとうばこが一つ。手足が楽しく動いて、やってきましたよ!

  ♪ これ っくらいの    おべんっとばっこに   おにぎり おにぎり   ちょいっと つめてっ

ちょうどいい大きさのおにぎりさんが、 飛び込んできました。

  ♪ きざ~み しょうがに   ごましお ふって!

わ!

そうそう、しょうがって こんな形。きざまれたしょうがの子どもたちが、ひょこひょこと走ってきました。

ごましおくんも、大活躍♪

  ♪ にっんじん さん   さっくらんぼ さん・・・   

ゆかいなリズムに、可愛らしい笑顔。どの食材も、お弁当箱目がけて楽しく入っていきます。色鮮やかな食材がぎゅっとつまった 美味しいお弁当。歌うだけで、目の前に幸せなお弁当が浮かび上がります。どんなひとも笑顔になる、美味しくて楽しいおべんとうばこのうたです☆

ねずみのえんそく もぐらのえんそく

350_Ehon_2069.jpg

ねずみのえんそく もぐらのえんそく

作・絵 藤本四郎

2001年

ひさかたチャイルド

1000円+税

 

絵本を開くと、ちょうど真ん中で絵が分かれています。上の段は地上のねずみ園のみんなが、そして下の段は、地下のもぐら園のみんなが、遠足に出かけようとしているのです。 

 

「きょうはおいしいものをとりにいくのよ」ねずみ園ともぐら園の先生が、ほぼ同時に子どもたちに話しかけ、いよいよ遠足が始まりました。

 

歩きながら、地上でねずみ園のこどもたちが穴にどんぐりを落とすと・・・土の中にいたもぐら園の園児の頭にコツンと当たったり。

 

地上でねずみたちが大きな木の枝に紐をぶら下げて、ブランコをしながらその場所を通っていると・・・地下ではその同じ木の根っこで、同じくブランコをしながらもぐら園の園児たち穴を進んでいったり。

 

地上と地下とで、お互いの顔は見えないものの、共通点がいくつも描かれていて、ついつい笑ってしまいます。そうこうしているうちに、ちょっとした冒険まで・・・ちいさな子どもたちが、一生懸命列をなして進みます。時にはビックリするようなものに出会ったり、時にはハラハラさせられたり・・・ねずみ園のみんなにとっても、もぐら園のみんなにとっても、それぞれ忘れられない遠足となったことでしょう。

 

そしてとうとう、先生たちが言っていた、「いいもの」を見つけた子どもたちは・・・ほのぼの&ドキドキを味わいながら、それぞれの遠足を楽しんでください☆

にゃんにゃんべんとう

350_Ehon_89561.jpg

にゃんにゃんべんとう    

きむらゆういち 作   

ふくだいわお 絵

2013年

世界文化社

1200円+税

 

たのしみな たのしみな ピクニック!ネコのにゃんぴは、ピクニックにどんなおべんとうを持っていこうか、ず~っと考えていました。レタス   たまご   ハム   パン・・・ これは、あれをつくるしかない!そうそう、ピクニックといえば、そうよね。 パンにはバター、レタスにハムをのせて・・・

 ♪できた♪

なんて美味しそう! うれしい うれしい ピクニック とっておきのお弁当。きっと、みんなほしがるだろうなあ。でも、ぜったいあげないんだから!!

にゃんぴは、わくわくしながらピクニックに出発しました。大事に大事に、お弁当を持って。集まったのは、うさぎさんに犬さんにキツネさん、それからブタくんに・・・みんなもしっかり、お弁当を作ってきたようです。でも、どうしましょう。実はここで、大変なことに気が付くのです。最大のピンチを迎えたみんなは、どうなってしまうのでしょう・・・

 

おべんとうは、みんなのこころをつなぎます。 そして、やっぱり皆は仲良しさん♪秋晴れの日に、大好きなお友だちとお弁当を持ってピクニックにでかけたくなる、可愛らしい作品です☆

ぐりとぐらのえんそく

4-8340-0892-4.jpg

ぐりとぐらのえんそく  

作 中川李枝子  絵 山脇百合子

1983年

福音館書店

800円+税

 

言わずと知れた、人気のシリーズ「ぐりとぐら」です。この絵本はシリーズの4作目にあたります。

野ねずみの双子、ぐりとぐらは、いつも仲良し一緒です。さあ今日は、おそろいのリュックと水筒を持って、どこに出かけるのでしょうか。いくらリュックが重くても、がんばるぞ! お楽しみはお弁当さ♪

  ♪ ぐり ぐら  ぐり ぐら

楽しく歌いながら、林を通りぬけ野原へ向かいます。さあ、たどり着いた。もうお昼のベルがなるころさ・・・ゴソゴソと、目覚まし時計を出すと・・・まだ10時。じゃあ、体操でもしようか。二人は右に左に、足もしっかり曲げて、たいそう たいそう!ついでに走っておこう!マラソンも始めたふたりは、飛んで踏んでかき分けて・・・ どしーーーんあらあら、何かにつまずいたようです。

細い細い、蜘蛛の巣かしら? それとも、草かしら?ううん、違った違った! でも、どうしてこんなものが 落ちているのでしょう?ふたりは夢中になってたどっていくことにしました。その先には・・・嬉しい素敵な出会いが待っていました!野原でドキドキ♪ ぐりとぐらと楽しいお出かけを満喫してください☆

Information/お知らせ

tenrankai1.jpg  tenrankai2.jpg

☆お知らせ☆

 

*前号から引き続きのお知らせです

画家の先生方がお集まりになって、合同の展覧会が開かれます。

私の創作したおはなしに、内海ひろし先生が絵を描いてくださいました。

お近くにお寄りの際は、ぜひごらんください!

 

『来て見て、画ッ展!~創作話と童画の世界~』

画家:内海ひろし、おおくぼヒロアキ、かさいまり、河野あさ子、篠原良隆、中沢正人

日時:2014年9月17日(水)~22日(月)

    11時~19時(最終日は17時まで)

場所: JR原宿駅 積雲画廊 http://www.sekiungarou.com/

渋谷区神宮前1-19-14 サンキュウビル1F

 

会期中、不定期に私も顔を出します!多くの皆様のご来場をお待ちしております。

Mama's profile/プロフィール

茂木 亜希子

茂木 亜希子 ー絵本ナビゲーター・保育士・司会ー

記事テーマ

親子で読みたい愛される絵本たち

何気なく手に取った絵本が、子どもの心をつかみ、大人の私たちの心をも揺さぶることがあります。読み語られる一冊一冊を通して、子どもが体験する世界は広がり、その体験をもとに想像力も豊かに育ってゆきます。昔から読み継がれてきた絵本、ユニークで不思議な絵本、心に響くあたたかい絵本、今読みたい旬の絵本など、愛される絵本を様々ご紹介していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/茂木 亜希子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ