子どもと車でおでかけのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママが一人で運転しているのに、チャイルドシートで激しく泣き叫ぶ

ドライブ おでかけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

ママが一人で運転しているのに、チャイルドシートで激しく泣き叫ぶ

8ヶ月の息子をチャイルドシートに乗せると、激しく泣き叫び、後部座席に移って抱っこしないと収まらなくなりました。あまりに激しい泣き方なので、すわり心地などいろいろチェックしたのですが、とくに問題があるようにはみえません。10分ほどの外出ならなんとか持ちますが、1時間以上泣き叫んでいられると、ドライバーもストレスで事故ってしまいそうです。
平日は一人で運転をしないといけないし、どうしたらいいのでしょうか?ちなみに、オムツはきれいで、おなかも食後1時間くらいと、鏡、おもちゃすべて試しましたが、だめでした。どちらの実家も小1時間はかかりますし、車がないと生活できないくらいの田舎なので、とても困っています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

中学生と小学生の3人の子のママです。うちも1人目はチャイルドシートを嫌がり、泣き叫んでいました。車に頼らなければならない生活ではなかったので、普段は自転車で買い物や公園に行ってました。
2人目3人目の頃は、転居して坂の多い街になり、自転車ではしんどく車の方が全員乗せられるので、毎日車でした。不思議とあまり嫌がることもなくチャイルドシートに座ってくれました。

今、思えば新生児の頃から車で(たまにベビーカーや自転車もありましたが)チャイルドシートに座るのが当たり前になっていたようです。
お子さまは、これまでにチャイルドシートなしで抱っこで乗った経験があるのですよね?何回かそういことがあると覚えていて、「抱っこの方がいい!」と泣いているのかもしれませんね。
また、体の動きを制限されるのがとにかく嫌で、「もっと動きたいよ!自由にさせて~」と泣いているのかもしれません。
泣き続けられると確かに気になるし、運転に集中できませんよね。小学生になっても後で喧嘩したりしていて、私もいまだに「大人しく乗ってないと、ママは運転できない!ぶつかっちゃうよ!」と叫んでます。

いつも後部座席に設置しているのでしょうか。
安全度は下がりますが、可能なら助手席に後向きに設置して(エアバック車の場合は危険です。取扱説明書を読んでエアバックを切るとか座席を後ろに下げるなど考えてください)、運転しているママの顔が見えるようにしてはどうですか。
ママも赤ちゃんの様子が見えやすいし、赤ちゃんもママの顔が見えて安心するかもしれません。
助手席で前向きはお薦めできませんが、前向きで景色が見えるほうが喜ぶなら、たまに前向きで近所を走ってチャイルドシートに慣らしてもいいですね。

車内でTVやDVDが見られるなら、赤ちゃん向けの番組やDVDを見せてもいいでしょう。まだ8ヶ月なのでちょっと早いかもしれませんが、童謡やアニメソングなどに興味があれば、CDをかけてもいいでしょう。
休日などパパが運転していても、必ずチャイルドシートに座らせるようにして、例外を作らないことも大事だと思います。
「今日はママ一人で運転しているからチャイルドシート」「パパがいるから抱っこ」などという状況の違いは理解できないので、「車の中ではここが○○君の座る場所」といつも徹底したほうがいいと思います。

しばらくは今までと同じように泣き叫ぶと思いますが、「いい子だから座っててね」「あと少しだからね」と声かけたり、それが大変ならママが好きな歌を歌って聞かせるとかして、「チャイルドシートに座っている間は抱っこできないけど、かまって(声かけて)あげるよ」という姿勢を見せてはどうでしょう。
この時期はどんどん知恵もつくので、1、2ヶ月もしたら「ここはボクの指定席」とわかるし、お子さまなりに車内での過ごし方も身につけてくれます。
反対に今、チャイルドシートに座らなくてもいいと覚えてしまうと、1,2才の一番危ない時期になかなか座ってくれず、自分でベルトを外したり、すり抜けたりして苦労することになります。

先輩ママ:みおママ

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

出前(フードデリバリー)利用してますか?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.