ハッピー・ノート.com

カフェインレスコーヒーには、こんな素敵な効果がある/2018年6月

妊娠中・授乳中でも飲める!

日本で取り扱っているカフェインレスコーヒーは、薬(厚生労働省では、溶媒抽出=食品添加物という扱いになり、輸入が認められていません)を使ったものは無いので、安心して飲めます。

妊娠中・授乳中でも、赤ちゃんにカフェインの影響を与えてしまう心配もなく、好きな時に自分のペースで飲むことが出来ます。

ninpu.jpgのサムネール画像

心と身体をほぐす、コーヒーブレイク!

コーヒーの香りには、リラックス効果と集中力をたかめる効果があります。

おもしろいことに、コーヒーのお豆(産地など)によって、リラックス効果があるものと、集中力を高めるものと分かれるそうです。

今回は、日々あわただしく、子どもたちに囲まれて生活している。仕事に家事にとストレスを感じている。など、ストレスとさようならするコーヒーブレイクをご紹介。

それは、コーヒーをゆっくり自分の為に淹れる時間が、心と身体をほぐすというもの。

  1. コーヒーを挽いた時のお豆の香りを感じる
  2. ゆったりお湯を落としていった時の、湯気と共に立ち上るコーヒーの香りと時間を楽しむ。
    この時の香りは、コーヒーの粉の香りとは、まったく違った香りです。
  3. 淹れたコーヒーを温度ごとに楽しむ。この時、口に含んだ香りは、また先ほどと違っているので、更に楽しめます。

これにより、ストレスをさようならするための、「休憩」「癒し」「活性化」を充たし、ストレスを逃していきましょう!

トイレが近くならない!

カフェインには、利尿作用があります。

カフェインレスは、そのカフェインを抜いているため、飲んでもトイレが近くならないのが最大の利点!

カフェイン入りのコーヒーを夜飲んで寝た後、トイレで目を覚まし、カフェインの覚せい作用で目が覚めてしまう。。。そんな心配もなく、寝る前のリラックスタイムを楽しむことも出来ます。

身体にやさしい効果がたくさん!子どもと一緒に飲めちゃいます!

カフェインが無いので、胃だけでなく、心臓にも負担がかかりません。先ほども少し書きましたが、眠りを遮るものがないので、睡眠の質があがります。

興奮作用がないので、パニック症候群の方・抗うつ薬を服用している方にも安心して飲んで頂けます。(治療中の方は、医師への相談をしてください)

また、お子さんと一緒にコーヒーブレイクを楽しむことも出来ます。子どもは、親と同じものが飲めると、本当にうれしそうな顔をします。同じものを飲みながらのコーヒーブレイクは、格別ですよ!

IMG_1523.jpg

Mama's profile/プロフィール

関野 順子

関野 順子 ーカフェインレスコーヒー専門店ママンズカフェ店長・コーヒーマイスターー

記事テーマ

カフェインレスコーヒーでほっと一息・家族みんなで至福の時間

妊娠中や授乳中、飲み物でさえ色々制限されてしまう中、コーヒーという物を選択することが出来る。欲しがる子どもと一緒に飲める。それは、カフェインレスだからこそ出来る事。でも不安があっては、大切な子どもにあげられません。そんな不安を無くし、罪悪感無く、おいしく飲めるようお伝えします。カフェイン入りとカフェインレスを上手に使い分けしてください。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/関野 順子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ