ハッピー・ノート.com

温度が大事!温度によるコーヒーの味の違い/2018年5月

おいしいコーヒーには、温度が重要!

温かい飲み物。冷たい飲み物。どれも温度によっておいしく感じたり、不快に感じたりします。

寒い日、温かい飲み物を飲みたいのに、ぬるくなっていたら。。。

暑い時に、冷たいアイスコーヒーが飲みたいのに、飲んだらぬるい。。。

嫌ですよね。

そう、温度ってとても重要なんです。

では、コーヒーの適正温度って、何度なんでしょうか?

好みの温度は、人それぞれというところはありますが、一般的においしいと感じられる温度は、

  • ホットの場合、65~70℃程度
  • アイスの場合、4~11℃程度

と言われています。

coffee2.jpegのサムネール画像

抽出温度は、何℃のお湯を使うのがベスト?

コーヒーは、抽出する器具によって抽出時の温度が違います。

ホットコーヒーの場合は、92~96℃のお湯を使います。

沸騰したお湯でコーヒー豆の蒸らしをしたら、ポットを濡らした布巾の上に置きます。

蒸らし時間の20~30秒を待つと丁度その温度になります。

温度で変化する苦味と酸味

まったく同じお豆を使っても、違う温度で抽出すると味がまったく変わります。

それは、お湯の温度によって、抽出される成分が違う為です。

「酸」や「糖」は、粒子が小さく軽いため、低温でも抽出されます。

「苦味」や「渋み」は、粒子が大きく重いため、高温で抽出されます。

まろやかな味が好きな方は、高温になりすぎないようにして抽出すると良いです。

抽出後、加熱してもまろやかさは残ります。

苦味が好きな方は、高温をおすすめしますが、高温になりすぎると雑味が出ますので注意です。

Information/お知らせ


Mama's profile/プロフィール

関野 順子

関野 順子 ーカフェインレスコーヒー専門店ママンズカフェ店長・コーヒーマイスターー

記事テーマ

カフェインレスコーヒーでほっと一息・家族みんなで至福の時間

妊娠中や授乳中、飲み物でさえ色々制限されてしまう中、コーヒーという物を選択することが出来る。欲しがる子どもと一緒に飲める。それは、カフェインレスだからこそ出来る事。でも不安があっては、大切な子どもにあげられません。そんな不安を無くし、罪悪感無く、おいしく飲めるようお伝えします。カフェイン入りとカフェインレスを上手に使い分けしてください。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/関野 順子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ