ハッピー・ノート.com

何歳からカフェインを取って良いの?/2018年2月

子どもに飲ませても良い時期は?

1回目の記事で、私の子どもたちがコーヒーゼリーを食べた時どうなったかを書きました。

s_CIG_IMG029.jpg

覚えていますか? トイレ5分おき事件!

では、いったいいくつ位なら、カフェインを取れるのでしょうか?

実は、年齢だけではないのです。身体の大きさ、体重が関係します。

とはいえ、正確な研究はされていないそうなのですが、目安としては、

・12~15歳以上

・体重が50kg以上

上記よりも小さい場合は、ミルクで割るなどして飲んだり、カフェインレスコーヒーが良いでしょう。

 

参考:UCC知識について・全日本コーヒー協会

カフェインレスなら、何杯でも飲ませて大丈夫?

カフェインレスコーヒーの定義として、カフェインレス・デカフェと名乗れるものは、カフェインを90%以上除去したものになります。

日本で、今主流となっているカフェインレスは、97%以上除去されている物が殆ど。

杯数を気にしないで、何杯でも飲めてしまいますね。とはいえ、何事もほどほどに。

カフェインレスは、カフェインという旨味を取ってしまうので、「お茶みたい」と言われることも。

その為、私は、単品焙煎しブレンドすることにより、おいしいカフェインレスコーヒーを作っています。

CIMG8979.JPG

実は、品種で違う?カフェイン量

アラビカ種・カネフォラ種(ロブスタ)とありますが、世界総生産量の約70%がアラビカ種、残り約30%がカネフォラ種です。

カフェイン量は、生豆の状態で、アラビカ種は0.9~1.2%。カネフォラ種は1.6~2.4%と、カネフォラ種の方がカフェインが多く含まれています。

また、ブラジルには、ブルボン種で天然の低カフェインコーヒー、ローリナという始めからカフェイン量がアラビカ種の通常の半分のお豆もあります。

Information/お知らせ


Mama's profile/プロフィール

関野 順子

関野 順子 ーカフェインレスコーヒー専門店ママンズカフェ店長・コーヒーマイスターー

記事テーマ

カフェインレスコーヒーでほっと一息・家族みんなで至福の時間

妊娠中や授乳中、飲み物でさえ色々制限されてしまう中、コーヒーという物を選択することが出来る。欲しがる子どもと一緒に飲める。それは、カフェインレスだからこそ出来る事。でも不安があっては、大切な子どもにあげられません。そんな不安を無くし、罪悪感無く、おいしく飲めるようお伝えします。カフェイン入りとカフェインレスを上手に使い分けしてください。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう


画像の中に見える文字を入力してください。

Archives/関野 順子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ