子どものほめ方のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ほめ言葉の魔法

ママのためのぷち心理学

(2018年 夏号 掲載)

「上手にお絵かきできたね」などと、子どもががんばったことをほめてあげるのはとても大切。たとえ大人の目から見ると本当はうまくできていなかったとしても、ほめられることによって、子どもたちは嬉しく誇らしい気持ちになります。また、笑顔でほめてくれるママやパパを、ますます大好きになり、親子関係もよくなることでしょう。

でも、ほめることの効果は、こうした嬉しい気持ちや、よい関係を築くことだけに留まりません。ほめ言葉には、ちょっとした魔法のような効果があるのです。

心理学者のミラーたちは、次のような実験を行いました。ある子どもたちには、「あなたは算数がとてもよくできるね」と、ほめ言葉をかけました。別の子どもたちには、「算数がよくできるようにならなければいけないよ」と説得しました。

すると、説得された子どもたちより、ほめ言葉をかけられた子どもたちの方が自信が高まり、算数の成績もよくなったのです。

つまり、ほめられた子どもたちは、「自分は算数がよくできるんだ」という一種の暗示にかかったと考えることができます。ほめ言葉には、このように自信や成績を高める、まるで魔法のような効果があるのです。

ただし、手当たり次第にほめればよいというものではありません。子どもであっても、ある程度大きくなると、とってつけたような不自然なほめ方には、首を傾げてしまうでしょう。子どもたちは、自分ががんばったり、上手にできたことに対して誇らしさを感じ、それをほめてほしいものです。「ママ見て。上手にできたでしょう」という気持ちをしっかり受け止めてあげることが大切です。

また、ちょっと自信なさそうなときでも、「上手ね。その調子よ」とほめられることで嬉しくなり、自信を持って前に進めるため、本当に上達していくことが多いのです。

効果的なほめ言葉のポイントは、子どもをよく観察することです。その上で、たとえ小さなことであっても、子ども自身が納得できるようなよい点を上手に見つけ、「ママはいつでも、あなたのことをちゃんと見ていて、応援しているよ」というメッセージを込めて、ほめ言葉をたくさんかけてあげましょう。

 

三宮真智子先生

大阪大学大学院人間科学研究科 教授。学術博士。“どうすれば本当に賢くなれるか”というテーマで、コミュニケーションと思考の関連についての研究に取り組んでいる。考える心を育てる一般向けの著書として「考える心のしくみ~カナリア学園の物語~」(北大路書房 2002)がある。専門は認知心理学。

三宮真智子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ママのためのぷち心理学 記事一覧

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

自分の時間ありますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.