大人が学ぶということならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

大人が学ぶということ

ママのためのぷち心理学

(2022年 春号 掲載)

最近よく見かけるのは、「人生100年」という言葉。少し前までは、「人生80年」だったのに、それがいつの間にか、20年も延びたのですね。寿命が延びるにつれて働く期間も長くなるでしょうし、新しいことを学んだり考え方を変えていったりする必要があるでしょう。社会の急速な変化とも相まって、以前に学校で学んだ知識はすぐに古くなるため、大人も学び続けることが必要になります。仕事や趣味のために学ぶことに加えて、子どもたちが少し大きくなった時に勉強を見てあげるためにも、知識やスキルはアップデートしておきたいものです。特に、ICT(情報通信技術)や語学の力をもっと身につけたいと考える人が多いようです。

でも、そうは言っても、子育て中のママやパパが学びの時間を捻出するのは、容易ではありません。多忙な毎日の中で学ぶためには、普段の生活の中に無理なく学びを溶け込ませる工夫が必要です。

まず、気をつけたいのは、睡眠時間を無理に削らないこと。実は、私たちの脳は、起きている時に取り入れた情報を、眠っている間にきちんと整理してくれるからです。このことを活用して、寝る前に15分~20分でもよいので、大事なことを集中的に覚えるための時間を取ると、記憶の定着にとても効果的です。

次に、隙間時間の活用です。たとえ5分でも時間ができたなら、何か新しいことを1つ覚えることができます。5分間の学習も10日続ければ50分となり、決してあなどれません。また、覚えにくいことを書き出して目につく場所に貼っておくのもいいでしょう。日に何回も見ることによって、テレビコマーシャルのように、自然と頭に入ってきます。

そして3つ目に、学んだことを家族や友人との会話の中で話してみるとよいでしょう。「〇〇は、△△なんだって。それはね、…」という具合に、人に話してみると、自分が本当に理解できているかどうかが、はっきりわかります。もし理解が不十分だと、途中で説明に行き詰まってしまうからです。

こうした学び方についての知識や工夫は、メタ認知と呼ばれるものの1つです。忙しい大人が学ぶためには、メタ認知を働かせて、効率的な学びを心がけるとよいでしょう。

 

三宮真智子先生

大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。学術博士。“どうすれば本当に賢くなれるか”というテーマで、コミュニケーションと思考の関連についての研究に取り組んでいる。考える心を育てる一般向けの著書として「考える心のしくみ~カナリア学園の物語~」(北大路書房 2002)がある。専門は認知心理学。

三宮真智子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ママのためのぷち心理学 記事一覧

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

洗濯事情調査
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.