ハッピー・ノート.com

野菜の特徴を生かした調理法で美味しい食卓を~「筍編」/2014年4月

「筍」の特徴

●旬・・・竹に旬と書くように旬を逃がさずに是非味わいましょう!

旬:3月~5月

 

●選び方

 16-1筍の選び方.jpg

 

●下処理

*収穫してからどんどんアクが増すので、購入したら(収穫したら)すぐに下処理!

 

【筍を茹でる】 

①筍を洗い、表面の皮をむく

②穂先を斜めに切り、斜めに切った断面を上にして縦に切れ目を入れる

*火がぐーんと通ります!

*皮のまま茹でる・・・皮にやわらかくする成分有

③ひたひたの水・米ぬか(*米のとぎ汁でもOK)・赤唐辛子2~3本を入れて茹でる(竹串が通るまで1時間位)

*圧力鍋で茹でる時・・・10分加圧→自然放置(15分~20分)

*圧力鍋で茹でる時・・・米ぬかを入れると蒸気口が詰まりやすくなるので米のとぎ汁または米

④冷めるまでそのまま置き、水洗いをする

 

●各部位について

16-2筍の部位の特徴.jpg

 

●保存方法

・下処理してゆで汁(水)に漬けて冷蔵庫

・3~4日で食べきる

Mama's profile/プロフィール

荒木 典子

荒木 典子 ー料理研究家ー

記事テーマ

「食が未来を変える!」

「食」に関するデーマ毎にたくさんの情報&コツをお伝えしていきます!毎日の食事が身体を作り健やかな心を育てていきます。 1人1人の食生活が土台となり、食が未来を変えていきます!笑顔の嵐が起りますように・・・~「食」を通じてたくさんの方々がHAPPYに~

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/荒木 典子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ