ハッピー・ノート.com

甘納豆入り抹茶ベーグル/2013年6月

ベーグル!ベーグル!!

前回に続き、今回もベーグル。気分を変えて、甘納豆入りの抹茶のベーグルを作ってみよう!!春から夏に移るこの時期、茶摘みの時期でもあり、抹茶ベーグルで日本の季節を味わってみてはいかがでしょう。

P1030367 (200x150) (2).jpg

基本の生地作り(手ごね)

●強力粉・・・・・・・・300g

●抹茶粉・・・・・・・15g

●砂糖・・・・・・・・15g

●塩・・・・・・・・・4g

●イースト・・・・・6g

●水・・・・・・・・・・180g

●オリーブ油・・・・15g

●甘納豆・・・・・・90g

分量は、前回のドライチェリーとローズのベーグルとほぼ同じです。

初回の生地のこね方の要領で、上記の分量の甘納豆以外のものをこねる。抹茶粉は強力粉と一緒に混ぜる。こねあがったら、甘納豆を混ぜ込む。ラップをして、あたたかい所に1時間程度置いて、一次発酵。(30℃のオーブンで50分くらい発酵させてもよい)

ベンチタイム(10分)

一次発酵で倍ほどに膨らんだ生地をスケッパーで8分割。手で丸めた生地に布巾をかけて、10分休ませる。

P1030330 (200x150).jpg

成型&仕上げ発酵(二次発酵)

麺棒で生地を軽くのばす。

P1030346 (200x150).jpg

向こうと手前1/3ずつ折り、三つ折りにする。

P1030347 (200x150).jpg

手前に半分に折り、合わせ目をつまみ閉じ、転がして20センチくらいの長さの棒状にする。

P1030352 (200x150).jpg

生地の片方を指で押し、凹ませ、くぼみをつくる。

P1030354 (200x150).jpg

もう一方の端をくぼみにのせ、くぼませた方の生地で包み込むようにして、つなぎ目を合わせ、リングにする。(合わせ目はしっかり閉じておかないと、発酵後ゆでる途中ではずれてしまうので注意)

P1030356 (200x150).jpg

出来上がった生地をクッキングシートの上に置き、あたたかい所に40分置いて二次発酵(1.5倍ほどになります)

P1030357 (200x150).jpg

ゆでる&焼成

前回のベーグルと同じ。

ベーグルのポイントはゆでること。ゆでることでもっちりした生地になります。

P1030364 (200x150).jpg

鍋に湯を沸かし、砂糖大さじ1を加え、発酵が終わった生地を入れ、片面30秒ずつゆでる。ゆでた後クッキングペーパーなどで軽く水けをきる。ゆですぎは、しわの原因になるので注意。

P1030365 (200x150).jpg

天板に間をあけて並べ、180℃で15分(ガスオーブン)電気の場合は200℃できれいな焼き色がつくまで、15分程焼く。しわの原因になるので、ゆでて焼くまでの時間が空かないように注意する。

Mama's profile/プロフィール

三矢 しんこ

三矢 しんこ ー気軽に楽しめる自宅パン教室 SHINKO主宰ー

記事テーマ

親子でこねこねパン作り

作る楽しさを、目で見て・手で触れて・感覚を使って体験してみよう。親子でするパン作りは最高の食育です。また、わいわい言いながら楽しく作れば、親子のコミュニケーションがグッと深まります。作る楽しみ・食べる喜びを親子で楽しめるよう、季節に合ったパンアレンジを連載していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/三矢 しんこさんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ