ハッピー・ノート.com

「ほうれんそうのお花」パン/2014年7月

栄養たっぷりほうれん草を生地に混ぜ込もう!

ほうれん草がちょいと苦手!って時も、ゆでたほうれん草を小さく刻んで、パン生地に混ぜ込んでみよう! きれいな草色の可愛いお花のパンが出来上がり。P1060153 (200x150).jpg

基本の生地作り(手ごね)

<材料>ほうれん草パン8個分

*強力粉(300g)*砂糖(24g)*イースト(4g)*水(210g)*塩(6g)*スキムミルク(9g)

*無塩バター(18g)*ほうれん草(ゆでて細かく刻んだものを固く絞る50g)

*卵(照卵用適宜)*シュレッドチーズ(お好みのチーズでOK)

初回の基本の生地作り(手ごね)の~基本の生地のこね方~の要領で上記の分量をこねて、ラップをしてあたたかい所に50分から1時間程度置いて一次発酵。水を入れるときに、細かく刻んだほうれん草も一緒に入れ、混ぜる。

P1060104 (200x150).jpg

ベンチタイム(15分)

倍ほどに膨らんだ生地を8分割。手で丸めた生地に、布巾をかけて、15分休ませる。

P1060107 (200x150).jpg

成型&仕上げ発酵(二次発酵)

①生地を手の平で押して平らにし、シュレッドチーズをのせ、包むように生地を丸める。

P1060109 (200x150).jpg②再び平らにつぶす。

P1060119 (200x150).jpg③中心に指で穴をあけ、回りにスケッパーで5~8箇所切り込みを入れる。

P1060120 (200x150).jpg④35℃のオーブンで20分二次発酵させる。

P1060127 (200x150).jpg*お好みで中にチーズ以外にハム、小さく刻んだウィンナーなど入れてもOK。

焼成

二次発酵後・・・卵を塗り電気オーブン180℃で10~15分焼き色を見ながら焼く。

P1060151 (200x150).jpgこんがりきつね色になったら出来上がり。

焼きあがったパンの中心にゆでたほうれん草をのせると「ほうれん草のお花パン」の出来上がり。

Mama's profile/プロフィール

三矢 しんこ

三矢 しんこ ー気軽に楽しめる自宅パン教室 SHINKO主宰ー

記事テーマ

親子でこねこねパン作り

作る楽しさを、目で見て・手で触れて・感覚を使って体験してみよう。親子でするパン作りは最高の食育です。また、わいわい言いながら楽しく作れば、親子のコミュニケーションがグッと深まります。作る楽しみ・食べる喜びを親子で楽しめるよう、季節に合ったパンアレンジを連載していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/三矢 しんこさんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ