くる病のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

くる病は過去の病気?現代病!?

子どもの病気 教えて!ドクター

(2014年 秋号 掲載)

「くる病」は、子どもの成長軟骨のカルシウム(Ca)およびリン(P)不足で、骨が柔らかくなります。成人では「骨軟化症」と呼ばれます。日本では第二次世界大戦(1939~1945年)後の極度の栄養不足時期にみられましたが、食料事情の改善とともに減少し、過去の病気と思われていました。ところが最近「くる病」が再び増えており、背景に昨今の子育て環境の変化があります。変化とは、不適切な食生活、食物アレルギー対応の誤解、ゲーム等で室内中心の生活や紫外線の過度な恐怖による日光浴不足です。

ほね(骨)は身体の柱

ほね(骨)は、脊椎動物の骨格を構成する硬い組織で、身体を支えます。家にたとえると「柱」のようなものです。軟骨は、骨(硬骨)とともに骨格を構成し、ある程度の硬さと弾力性をもち、骨と違って膨張により成長します。そして骨は、カルシウム、リン、タンパク質、ビタミンD、運動、適度の日光浴、女性ホルモン等が必要です。

「くる病」の原因

くる病の発病に関係する代表がビタミンDです。食事から摂取されるほか、日光が皮膚にあたっても作られます。ビタミンDは、骨にカルシウムなどを沈着させる働きがあり、骨に不可欠です。このビタミンD不足の子どもが増加しているのです。原因は次のようなものです。

くる病の2例

母乳はさまざまな利点がありますが、乳児期後半に適切な離乳食がなされておらず母乳のみだとビタミンDが不足します。
食物アレルギーで、いろいろな食物を避けたために、くる病になった1歳11ヵ月の男児がいました。兄が食物アレルギーでアトピー性皮膚炎もひどかったため、卵、牛乳、小麦が完全除去されていました。そして弟にも極端な制限食を行ってしまったのです。食物アレルギー児は食物負荷試験を行い、可能な限り食物制限を緩和していく経口免疫(減感作)療法が昨今の傾向です。卵は、ビタミンDが豊富に含まれる食材です。無理な場合は、代替食品を摂取するべきです。どうしても対応が困難な場合は、ビタミンDの薬を処方します。
皮膚でビタミンDを作るため、一定時間の日光浴が必要です。紫外線の有害を過剰に考えて室内生活ばかりだと心配です。両親ともネパール人で、慣れない日本に来たために、ほとんど外出せずにくる病になった1歳の男児がいました。

くる病の診断法

乳幼児で足が曲がっている(起立時にひざとひざのすき間が3㎝以上)、よく転ぶ、身長の伸びが悪い場合は、くる病を疑ってください。その場合は小児科を受診ください。下肢が異常なO脚、肋骨の変化、骨X線写真の変化、血液のカルシウムやリンの低下、血清ALPや副甲状腺ホルモンの上昇、貯蔵型ビタミンDの低下などで診断でき、治療可能です。

ゲーム中心の室内生活や治安の悪化で、屋外で遊ばない子が増えているのは心配です。
「子どもは食事・気候・生活環境の悪化の犠牲者」は言い過ぎでしょうか。「くる病」から現代社会の問題点を再考しましょう。

服部益治先生

兵庫医科大学小児科学教授、医学博士。日本小児科学会専門医、日本腎臓学会専門医。
日本小児保健協会理事、兵庫県小児科医会理事、西宮市学校結核対策委員長、日本小児科連絡協議会「自動車乗車中の子どもの安全推進合同委員会」委員長ほか。専門は、小児科全般、腎臓病、夜尿症、予防接種、障害予防など。次世代を託す子ども達に夢大きく心豊かに育ってもらうため大学内外で活動中。

服部益治

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

4

3

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

の関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママが興味のある資格・スキルは?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.